パワプロアプリをやる上で一つの目標がSSランクの選手を作ることではないでしょうか。

ですが、SSランクの選手を作るのは簡単ではありません。

手持ちがそこそこ揃っていてSR45キャラを何体か持っている人レベルじゃないかと思います。

ですが、そんなに45のキャラを持っている人は多くないでしょう。
今回はそんな方のためにSSランクの選手を作るためのコツを紹介していきます。

スポンサードリンク

SS野手に必要な能力

おそらくですが、野手SS査定に必要な査定値は

これだけではピンと来ないと思うので、SS野手の選手能力をみながら確認していきましょう。

これが僕の育成選手の中で1番査定の低いSS野手です。
はっきりとは覚えてないですが、ギリギリのSSランクだった気がします。

デッキはこんな感じ。

かなり前にブレインマッスル高校が流行っていたときの選手ですね。

まだSR45のキャラも持っていなくて、試合経験点ボーナスの付いていないやる気キャラを集めただけだったので、SSランクの選手を作るのはかなり苦労したと思います。

能力をみてみましょう。

基礎値の中で大事なのはミートとパワーです。
この2種類は90,90にしておきたい能力です。

ここではパワーが10足りていません。

パワー80→90で査定は64点分の査定があるはずなので、約4メモリは損していますね。

そして次は特能を見てみましょう。

特能は13行+1つ持っているので、金特7+青特33計40の特殊能力を取得しました。

これに加えてケガしにくさと体当たり、ゲッツー崩しなどです。

やはりSSの選手を作るためにはかなりの特能が必要となって着ます。

もう1体SS選手を見ていきましょう。

これはしらす高校で作った選手です。
デッキはこんな感じ。

この選手も作ったのはかなり前なので、おそらくセンス◯が付いていたでしょう。

この選手の注目して欲しいところは、金特が5つしかないという点です。

先ほどの選手と比べて金特は2つ足りません。
それでもSSを達成し、かつ先ほどの選手より査定が高くなったのはちゃんと理由があります。

それが査定効率です!

野手の場合、特殊能力がたくさんあり、査定を増やすためにはどんどん特殊能力を取得していけばいいです。

ですが、多くの特殊能力を取ろうとしても、経験点に限りがあるので、全ての能力をつけることができません。
そこで意識しなければならないのが査定効率です!

最初の選手は査定効率が非常に悪い、アーチストや勝負師を取得しています。

これらの能力を取得するなら他の査定効率のいい青特能などを取った方が査定が伸びます。

査定の高い選手を作ろうと思ったら、見た目のかっこよさより、査定効率のいい能力をあげることが大切です。

スポンサードリンク

SS野手を作るために必要なこと

SS野手を作るために必要なのは
・デッキ(イベキャラ)
・立ち回り
・運

この3つです。

この中での優先順位はこうなります。

運>立ち回り>イベキャラ

どんなにいいイベキャラがいても運が悪く立ち回りもダメだと達成することはできません。
逆に多少イベキャラが弱くても、めちゃくちゃ運が良く立ち回りがしっかりしていればSS選手の育成は可能です。

今1番達成しやすい高校は?

現時点で1番達成しやすい高校は間違いなくしらす高校だと思います!

多くのコツを取得しやすい上に、ある程度のイベキャラを持っている人にとっては経験点も安定しやすいです。
他にもいろんな高校で作れると思いますが、安定感という意味ではしらす高校がダントツでしょう。

立ち回りに関して今一度確認しておきましょう。